10年保証制度
(良質な住宅取得のために)
良質な住宅を取得するために、住宅制度のあり方が大きく変わろうとしています。その一環として、住宅性能保証制度が発足しました。

新築住宅において、基本構造部分について10年間の性能保証を行います。

その対象となる部分は新築住宅の基本構造部分(基礎・柱・床・屋根等)で、完成引渡しから10年間の保証をいたします。

住宅完成後、保証書を発行して、住宅の品質の確保を図っていきます。